ごあいさつ

令和三年度 連盟基本方針

2019年度連盟総会にて

<連盟基本方針>
バレーボールによる、多くの区民の楽しさと健康増進への貢献
<連盟活動方針>
コロナウイルス感染対策の徹底による、安全・安心な大会の開催

令和三年度 会長挨拶

江東区バレーボール連盟 会長

飯塚 明

コロナ禍ではありますが、令和 3 年度が始まりました。今年度は役員改選期ということで新組織でのスタートです。
昨年度より新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が度々発令され、予定されていたすべての大会や講習会が中止となりました。そして連盟総会も昨年同様中止となり、郵送した資料をもとにオンラインで議決権行使書を取りまとめることとなりましたが、皆様には迅速に対応して頂き承認できましたこと、深く御礼申し上げます。
大会会場のスポーツセンターがワクチン接種会場になっているため、今年度も秋まで大会や審判講習会が開催できません。また度重なる緊急事態宣言により練習もままならない状況が続いていることから、皆様の心と身体が心配です。家の中でできるストレッチや軽い運動などで気分転換し、健康に留意されてお過ごし下さい。練習が再開できるようになりましたら、オーバー、アンダーのパスなど基礎練習を重点的に行い徐々に体を慣らしていって下さい。
今年度予定されていました墨東大会は来年度へ再延期が決定し、準備を進めていました連盟 70 周年記念式典も来年の秋に開催時期を変更することになりました。

まだまだ先の見えない不安な毎日を過ごしている方も多いと思います。一日も早い終息を願いつつ、各個人ができること、やるべきことを認識しこの局面を共に乗り越えていきましょう。

今年度も江東区バレーボール連盟をよろしくお願いいたします。

 

令和三年度 理事長挨拶

江東区バレーボール連盟 理事長

髙本 敏行

今年度は 2 年任期の役員改選期となり、新組織でのスタートとなります。
昨年 2 月に発生した新型コロナウイルスが地球規模でまん延し、日本国内含め世界中の様々な経済活動が制限されるなか、個人の行動も大きく制約を受けております。日本においても第1回目の緊急事態宣言が発出され、その後収束傾向となり、令和2年度後半には感染予防対策実施を条件に練習会場である区内小中学校体育館の利用が再開し、運動の機会が確保されました。当連盟としても大会開催の可能性をその都度検討してまいりましたが、第2回目・第3回目の緊急事態宣言発令、そして現在第3回目の緊急事態宣言が延長され、更に期間延長の現状に鑑みて練習会場の再開時期・練習期間の確保に留意し、さらに国及び江東区の方針を常に確認し、今後も皆様にお伝えしていきます。
昨年 7 月開催予定でした 2020 東京オリンピック・パラリンピックが本年へ延期となり、今後も様々な制約が掛かると想定されます。登録チームの皆様は総会の資料でご承知いただいていると思いますが、江東区内全ての体育館は 10 月末までコロナウイルスワクチン接種会場に指定されており、現在 11 月以降の大会開催を予定し、「安全・安心」の大会が出来るよう準備しているところです。バレーボール愛好家の皆様はコロナ禍で長い期間大好きなバレーボールの練習が出来ず大変残念な日々を過ごされていると思いますが、国民全員がワクチン接種後一日でも早く以前同様の生活に戻ることを期待しております。
この状況に不安を抱え、学校体育館等が使用可能となりましてもチーム練習への参加見合わせの選手も想定され、皆様の運動不足を憂慮しております。早期にこの騒動が落ち着き、チーム全員での練習再開ができることを待ち望んでいるところです。
当連盟の今年度基本方針は「区民のバレーボールによる楽しさと健康増進への貢献」とし、更にコロナウイルス感染予防対策を実施し「安全・安心」の大会を目指し、バレーボール愛好者の皆様に満足していただけるよう進めていきたいと考えております。
昨年度墨東五区大会開催担当区でしたが、コロナの影響で 2 年越しの令和 4 年度開催予定となり、担当区となりましたことを報告させていただきます。また、今年は連盟創立70周年を迎えることから、昨年度より「創立70周年式典」の準備を進めてきましたが、これも今年度満足な大会開催が行えない状況を考慮し、一年後の令和 4 年秋に式典の開催を予定しております。
年間の全大会及び各行事日程をホームページに掲載しております。

登録チームの皆様には健康管理と、感染予防対策のうえ継続したチーム活動をしていただき、連盟方針のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました